(10)達弥西心のわかりやすい話「別れ」

達弥西心のわかりやすい話「別れ」

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (32/75) - HMU 達弥西心

考え方の癖、行動の癖、そして性格までもが、過去の繰り返しの結果だということだけは明らかです。いわゆる条件付けです。このようにしていつの間にか身についてしまった習慣が、自分にとってプラス方向に動くものであればなんら問題はありませんが、どうしてもマイナス方向へと動くものであれば、早速この古い過去の習慣を改めなくてはなりません。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (31/75) - HMU 達弥西心

だから、私自身、変化変化変化です。だから、成長成長成長です。淀んだら、立ち止まったら、すぐに駄目になります。腐ってしまいます。

変化しないもの、動かないものには、誰も感動しません。注目すらしません。だから、いつも今日がピーク、最高潮でありたいのです。そのピークをさらに超えるものを、また明日作りたいのです。だから変化なのです。だから成長なのです。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (30/75) - HMU 達弥西心

私は今、こう思っています。社長としての私の仕事は、会社という組織の中に、新鮮な空気を、酸素を吹き込みつづけることだと思っています。社内に心地良い風を起こしつづけることだと思っています。お客さまには私自身の心のエンジンの回転数を高めて、その発する熱の高さで、「私の熱い思い」を伝えていくことだと思っています。それが人間としての良い影響力を持つということだと思っています。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (29/75) - HMU 達弥西心

しかし、感動するのは自分自身の心です。自分の心が何を感じるかということです。そして、その感動をもって、変化することを決意するのも、実際に変化していくのも私自身です。どんな変化を遂げたか、その結果について責任を取っていくのも、この私自身です。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (28/75) - HMU 達弥西心

人生は、そして経営は、成長するために「変化することを楽しむゲーム」だと思うようになりました。

成長するために変化するのです。変化のない成長なんて、この世には何一つとしてないと思います。変化しようと思うのは、その時、感動したからに違いありません。そういう意味では、人間は感動するために、この世に生きているのだと思います。懸命に感動を探しているのだと思います。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (27/75) - HMU 達弥西心

思えば、私はずっと「自分さがし」をしてきたような気がします。

今までのいろんな出来事や出会いはすべて、未知なる自分自身を発見する大きなきっかけでした。私自身の成長への確実な一歩一歩でした。それはとりもなおさず、成長するためには変化することだと、変化の必要性を、痛切に感じた瞬間瞬間でもありました。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (26/75) - HMU 達弥西心

私の人間業セールスとは、私自身の内に向けて発せられる私の思いを、相手との人間関係において、相手の痛みや悲しみを埋めるという行為によって素直に表現し、喜びを引き出していくというものです。つまり、私のセールスによって相手の心の中に幸福感が生まれるかどうかが、私という商品を売り込めたかどうかが、私という商品を売り込めたかどうかの最大唯一のチェックポイントです。私たちは誰でも幸福感(幸せになれるという感じ)をセールスしているのです。幸福感を買っているのです。それで人間関係が成り立っているのだと思います。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (25/75) - HMU 達弥西心

人と人が出会って「ひらめき」を与えあって、お互いに励ましあって、自分の夢を実現していく。その人間関係の中で、相手の痛みや悲しみを汲み取り埋めてあげることで、喜びを与えることができるなら、それが自分という商品を売り込んでいくということに他なりません。相手の心の中にしっかりと刻み込まれていくその思いは、いつまでも消えないはずです。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (24/75) - HMU 達弥西心

人とひとが出会うのはなぜでしょう。なぜ人間交流するのでしょう。それは、出会えば「ひらめく」からでしょう。命と命が出会ってスパークして、人生をより良く生きるヒントをひらめかされるのでしょう。インスピレーションは人と人が出会うところにこそ、生まれてくるものでしょう。

人はなぜ夢実現へと自分自身を駆り立てるのでしょう。自分の命が限りあることを知っているからでしょう。

●達弥西心前夜5 −私がそれまで考えていたこと 1992− (23/75) - HMU 達弥西心

人間がこの世に生きてすべきことは、人間交流と夢実現の、たった二つだけのような気がします。一人で生まれて一人で死んでいく私たち人間が、どうしても一人だけで生きていくことはできないのですから、出会った人間同士はできるだけたくさん、できるだけ深く交流していくことです。そして、限りある命を削りながらめざすものが無限の自己実現の可能性ならば、とことん自分の夢を追いかけて、できるだけたくさん実現していきたいものです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ