(10)達弥西心のわかりやすい話「別れ」

達弥西心のわかりやすい話「別れ」

●出会いを完結させる(1/5) - HMU 達弥西心

たいていの場合、なぜ出会ったのかさえ分からずに出会って、どうしたらその「えん」を完結させることができるのかさえ分からずに生きているために、ほとんどの人が同じことを繰り返しているのが実状です。

●見極め - HMU 達弥西心

見極めれば、自分にとって必要であるか必要でないかが見えてきます。

ここで大切なことは、自分にとって必要であるか必要でないかは、自分にとって欲しいか欲しくないかではないということです。

見極めて、自分にとって必要であるモノと必要でないモノを分類し整理していきますと、必要でないモノのグループに分類されたものは、自分には不要なモノですから、棄てるなり処分するなりしなければなりません。それが別れるということです。

見極めれば、自然と別れることになっていくのです。

●別れと出会い(3/3) - HMU 達弥西心

ですから、敢えて手紙を書くのです。別れてもう何年も会っていない相手であっても、あなたがふと思い出す相手であれば、敢えて「別れの手紙」をもう一度出すことです。「私のことをすべて、あなたの記憶の中からきれいに消してください」とキメテみるのです。

相手があなたの記憶を消すかどうかは、あなたの関知するところではありません。あなたがその手紙をもう一度敢えて書くことが肝心なのです。あなたの、あなた自身の決別のために手紙を書くのです。

●別れと出会い(2/3) - HMU 達弥西心

きっぱりと別れなければ、新しい出会いはないのです。もし出会いがあっても、気が付かないで通り過ぎてしまいます。

決別とは、きっぱりと別れることです。口先だけで別れましょうとか、別れることは心に決めているとか、まだまだ甘い。

相手から「久しぶりに食事でも」と誘われればつい会ってしまう。

●別れと出会い(1/3) - HMU 達弥西心

よく私が、「出会いと別れではなく、別れと出会いですよ」と話をするのは、女の人はとかく「とりあえずキープする」という方法を取りたがる傾向があるからです。

「別れても好きな人」が何人もいて、「いつでも戻れる可能性を残したまま、一応別れることにした人」も何人もいて、常にふらふらしながら「主(ぬし)」をあっちにもこっちにもキープする傾向があるからです。

●過去にいつもさようなら(4/4) - HMU 達弥西心

昨日にいつもさようならと、ひとつひとつ決着していくことです。

朝、目覚めて、良い種をまくことを決意して、夜、一日の終わりに、過ぎていった今日という日を、きれいさっぱりと忘れるのです。

過ぎた昨日にいつでもさようならすることができれば、やって来る明日に向かって、いきいきと生きていくことができます。

HMU 達弥西心

●過去にいつもさようなら(3/4) - HMU 達弥西心

昨日まいた種は悪い種だったことに気がつきました。ああなんで馬鹿なことをしたんだろうと後悔しても、もう過去のことです。

過去は過去です。過去のことをいくら振り返ってもはじまりません。そうして過去を振り返っている間にも、どんどん悪い種をまいているのです。

今日一日過去を後悔の思いで振り返ると、せっかく新しく迎えた今日という日は悪い種をまいた一日となって、昨日という悪い種をまいた過去になってしまいます。その結果、どんなにまっ白な明日が、どんなに新しい今日になっても、悪い実しかならないのです。

今日という日は、明日のためになんとしても良い種をまかなくてはならない日です。過ぎてしまった昨日を振り返る日ではないのです。

(続く)

●過去にいつもさようなら(2/4) - HMU 達弥西心

悪い種をまいたのであれば、悪い実しかならないのは当然です。

その悪い種を私たちがまいたのであれば、私たちは悪い実しか収穫できないのは当然です。

良い種をまいたのであれば、かならず良い実がなります。これも当然です。

その良い種を私たちがまいたのであれば、私たちが良い実を収穫できるのは当然です。

もしも私たちが、悪い種も良い種も、どちらの種もまいた記憶がなければ、私たちは実を収穫することを期待することはいけないのです。それは私たちが収穫すべき実ではないからです。これは因果法則のもうひとつの重要な部分です。

(続く)

●過去にいつもさようなら(1/4) - HMU 達弥西心

因果法則は宇宙の法則です。

因果律とか因果応報という言葉には、どうしてもマイナスのイメージがつきまといます。こんなに自分が不幸なのは過去に悪いことをしてきたからだと、最初からあきらめています。

そしてまた、当の本人である自分がそこにいないような、まるで他人ごとのように考えてもいるのです。しかし「自分不在」の宇宙の法則など、どこにもありはしないのです。しっかりと覚えておいてください。

自分がそこにいないような、自分で反省しないような、自分でけついしないような、自分で行動しないような、自分で実践しないような、自分で生きていかないようなところには、幸福の法則も、成就の法則も、成功の法則も、まして宇宙の法則など絶対にありません。

どんなに祈ってみても、どんなに懸命になっても、幸福も成功も、そのかけらさえも手にすることはできないでしょう。

要するに、私たちは幸福になりたいのですから、私たちが幸福になるにはどうしたらよいかを考えれば良いのです。ほかのことはまったく関係のないことです。

いま、幸福であっても不幸であっても、それは誰のせいでもありません。自分のせいです。自分がつくったのです。

(続く)

●出会うのが縁ならば - HMU 達弥西心

人間、出会うのが縁ならば、別れていくのもまた縁です。
これも大事な仕事です。別れがあるからまた新しく出会えるのです。出会う必要があるから出会うのであって、別れる必要があるから別れるのです。

困難や苦痛、困ったことも弱ったことも、すべて原因あっての結果、事情あってのそういうことなんです。それが縁というものです。なにしろ人生とは、人間業という事業の最中ですから、いろんなことがあります。

でも大丈夫です。必ず乗り越えられるように仕組まれていますから、ドンと引き受けてください。ドンと引き受けることが人間業のもっとも人間業たるゆえんです。
現実大肯定。目の前の現実を、そっくりそのまま引き受けてしまうことです。逃げないこと。放り出さないこと。あきらめないこと。引き受けることです。
人に押し付けたり、責任転嫁は絶対にしてはいけません。
自分の仕事を他人にまわしても、自分の仕事が終わったわけではありません。自分の修業を他人に押し付けたからといって、自分の修行が終わったわけではないのです。
ですから、現実大肯定なのです。

HMU 達弥西心
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ