人間、出会うのが縁ならば、別れていくのもまた縁です。
これも大事な仕事です。別れがあるからまた新しく出会えるのです。出会う必要があるから出会うのであって、別れる必要があるから別れるのです。

困難や苦痛、困ったことも弱ったことも、すべて原因あっての結果、事情あってのそういうことなんです。それが縁というものです。なにしろ人生とは、人間業という事業の最中ですから、いろんなことがあります。

でも大丈夫です。必ず乗り越えられるように仕組まれていますから、ドンと引き受けてください。ドンと引き受けることが人間業のもっとも人間業たるゆえんです。
現実大肯定。目の前の現実を、そっくりそのまま引き受けてしまうことです。逃げないこと。放り出さないこと。あきらめないこと。引き受けることです。
人に押し付けたり、責任転嫁は絶対にしてはいけません。
自分の仕事を他人にまわしても、自分の仕事が終わったわけではありません。自分の修業を他人に押し付けたからといって、自分の修行が終わったわけではないのです。
ですから、現実大肯定なのです。

HMU 達弥西心