循環の段階で、グルリとまわって自分のところに戻ってきた時、初めて次々に自分を紹介してくれる人たちがいたのだという事実に、ことのほか感激することでしょう。往復運動が広がっている段階では、何も見えません。何も分かりません。しかし、自分を誰かに紹介してくれる人たちがきっといるはずだと信じて、相手の人のことを次々に紹介してあげることが肝心です。