「私はこれだけやってきた。」という過去のことではなくて、未来のこと、明日以降の話をしようということです。