人間が舟と一緒で、舟が港に着いてゆっくりして、そしてまた出かけて行くという、人間の港倶楽部を作ったんですけれども、その時はそのくらいの認識だったと思います。