なにげなく、そして何度となく、こうして毎年毎年、誰もが、四つの季節を見送ってきました。
春夏秋冬と、季節はいつまでも終わることなく、また始まって、廻りつづけていきました。