忘れないようになるまで、待てないのです。