消えてあとに残るものが真実