私の中には、どちらでもよいは、ないのです。たった一つしかないのです。