その料理人の料理に対する考え方を聞き技を見ているうちに、私はその男に、師匠とは違うすごさを感じるようになったのです。