ある日、私は店の看板であるその鍋料理に、主人である師匠から教えられた料理法ではなく、その男のやり方を試みるのです。