超えることのできない高み、永遠の師匠に仕えて、生きて行きたいのです。