HMUに入会してMAOすることを教わり、MAOすることで自分のことは分かったとしても、後に繋がる人たちがどうしたらよいかわからない、という悩みを抱えて立ち止まっていたら、そういう人たちにこそ声を掛けてあげるのです。