それは私が達弥西心として起った時に、すでにこういう時期がくると確信していました。