その時は行けなくても、次に声をかけたら行こうと思う、かもしれません。地道にやっていくことです。