本来はそうではなくて、当初は形は何もなくても、「自分のこころ磨きしませんか」ということでした。