私の唐突な発案に「何かあったの?」とみんな一様に途惑ったようでしたが、「まあ死ぬまでに、もうないだろうから」という、さらに混迷を深めそうな長男である私の発言に従った形で、生涯初の一泊二日の家族だんらんが実現しました。