今進めている“やのくに”くにづくりの精神的源流だったからです。