子どもの私は、これではいけないと思いながら、わざと甘えていたのだと思います。