決してちらっと見るとか、さらりと見渡すとか、ぼーっと眺めるとか、そういうイメージではありません。